女性は妊娠前に保険に加入すべき

生命保険は妊娠中でも加入することができますが、種類により部位別の不担保がつく場合があります。妊娠中は普通の時とは違い妊娠に関するトラブルを起こす可能性があります。切迫早産や流産、異常分娩などの危険性があるため、その赤ちゃんを妊娠中は保障がありません。早期から切迫早産になってしまうと、長期入院を強いられる場合が多いので、加入時には女性疾病特約は是非つけておきたいもの。そろそろ赤ちゃんが欲しいと思い始めたら、妊娠前に加入できるように準備しておきましょう。ちなみに、通常分娩の入院は給付の対象外ですが、帝王切開などの異常分娩の場合の入院・手術は保険金がおります。

一大イベントの妊娠前がおすすめ

若いうちというのは、比較的病院のお世話になることは少ないものです。保険を掛けるなんてもったいないと思うかもしれません。けれども、女性には妊娠、出産という一大イベントが控えています。トラブルなしに無事に出産できればよいのですが、妊娠中というのは、何かと色々あるものです。ただでさえ子供を産み、育てるのにはお金が飛んでいきます。その上、妊娠中にトラブルがあったら、大変です。なので不慮の場合にそなえて、女性の為の保険に加入しておけば安心です。妊娠中のトラブルだけでなく、帝王切開での出産でもお金はおります。ぜひ、妊娠前に加入しておくことをおすすめします。

新着情報

2013-02-22 医療保険の加入手続が追加されました。
2013-02-21 がん保険の重要性が追加されました。
2013-02-21 保険をアレンジしようが追加されました。
2013-02-21 保険加入と医療特約が追加されました。
2013-02-21 年金保険で生活保障が追加されました。

保険加入の条件情報